医療法人回生會 新宿溝口クリニック [予約優先]心療内科・精神科・内科(栄養療法)

03-3350-8988

お問い合わせの際は「ホームページを見た」とお伝えください03-3350-8988

栄養療法

栄養療法は「分子整合栄養医学」に基づいた療法です。
海外ではオーソモレキュラー療法(orthomolecular medicine)と呼ばれ、1960年代からうつ病、パニック障害、発達障害からがんの治療まで海外で広く実践されています。投薬治療が中心のうつ病や統合失調症などに多くの実績があり、発達障害にも応用されています。高濃度ビタミンC点滴療法は、がんの治療に新しい可能性を提供しています。
オーソモレキュラー療法は欧米で始まり、日本では血液データ解析に基づいた独自の発展をし続けています。

体内の栄養のバランスを整えるために栄養素(サプリメント)を選択します

分子整合栄養医学に基づいた栄養療法では、体内の栄養バランスの乱れが多くの病気や症状の原因だと考えています。

私達の身体は60兆個の細胞から出来ています。ひとつひとつの細胞の健康は、食べたものを材料に栄養素が常に入れ替わる事で、絶妙なバランスの上に成り立っています。ストレスや食生活の乱れにより栄養欠損や代謝異常が起こりやすい現代社会では、気づかぬうちに栄養素が消耗され、体内の栄養バランスが乱れることにより、様々な身体の不調を引き起こし得ます。

栄養療法とは、私たちの細胞を構成する分子のバランスの乱れを、栄養素(サプリメント)を用いて整えていく治療方法です。

生体構成分子(栄養素)を本来あるべき正常な状態に整え、不足している栄養素を『至適量(最適量)』補給することで、本来の生体恒常性(ホメオスターシス)・自らの自然治癒力を高め、病気の進行を防ぎ、症状の改善を目的としています。さらには、病気の予防にも役立ちます。
その目的のためには、一般的に考えられているような栄養素の所要量とは異なる量『至適量(最適量)』が必要になります。また、栄養素の代謝の特性を考慮し、互いに相互作用を持つ多くの栄養素を用いる必要もあります。

『至適量(最適量)』とは
細胞の機能は、”細胞を構成している物質(分子)” と酵素や補酵素、ホルモンなどの ”細胞を働かせる物質(分子)” の濃度によって決まります。これら物質(分子)の濃度が細胞の機能を左右します。そして、最適に機能するための濃度には個人差があります。
その人の全ての細胞が最適に機能するために必要となる栄養素の量を『至適量(最適量)』といいます。
つまり、栄養素不足を補うための量だけではなく、個人の至適量(最適量)を補給することが必要なのです。

栄養素は食べたものから供給されます。しかし、現代人は、様々なストレス(暑い寒い・騒音などの環境、人間関係、仕事、介護など)、食生活の変化(清涼飲料水、インスタント食品、菓子類の摂取、不規則な食生活、偏食など)、需要の増大(成長期、妊娠・授乳期、慢性的な身体の不調、アレルギーなど)により、栄養が消耗され、細胞が機能する最適な濃度を保つための至適量(最適量)を通常の食事からは得ることが困難な状況です。

全身の栄養状態を把握するために血液検査を行います

通常、医療機関での血液検査項目は約15~20項目ですが、栄養療法では、栄養状態を解析するため60項目以上のより詳細な項目の血液検査を行います。その検査結果を分子整合栄養医学的に解析することで、不足している栄養素、代謝の状況を読み取り、サプリメントの種類、至適量(最適量)を選択します。
また、効果判定のため、栄養療法を開始後、定期的に検査を行い、症状およびデータの改善をチェックし、経時的な変化をみながら治療を行います。
おひとりおひとりの検査データに基づいてサプリメントを選ぶため、同じ診断名や同じ症状の患者様でも使うサプリメントの種類や量が異なります。症状から薬やサプリメントを選ぶ方法と当クリニックで行っている栄養療法は理論の面から全く異なるものです。

検査に関する詳細はこちら

薬と栄養の役割は、火事で例えると…

栄養療法は、体内の栄養バランスを整えていくことで、本来持っている自己治癒力を高め、病気や症状の改善にアプローチする根本的な治療です。通常行われる薬による治療(対症療法)とは根本的に異なります。

  • 薬(対症療法)→消火活動
  • 栄養(根本療法)→修復活動

火事になったら、消火活動が必要です。でも消火活動の後には、いたんだ家や破れたフスマの修復のために、木材などの材料が必要です。
体調不良の症状が出たら、症状を和らげるための薬が必要です。修復のための材料には、栄養が必要不可欠なのです。

栄養療法のために開発された医療用サプリメントを用います

当クリニックで行っている栄養療法は、多くの副作用を持つ化学合成の薬だけに頼らず、栄養療法のために開発された医療用のサプリメントを用いることにより、栄養素を至適量(最適量)補給し生体の機能を充分に発揮できる状態に変化させるアプローチ法です。当クリニックのサプリメントは、通常のサプリメントでは摂りきれない、高濃度の栄養素を効率よく摂取することで身体の分子を整えます。そして本来の生体恒常性(ホメオスターシス)、自らの自然治癒力己治癒力を高めます。

当クリニックのサプリメント

薬品ではありませんので薬害、長期摂取についての心配はありません。また、薬の効果を高め、副作用をやわらげるものですので、薬と競合することはありません。また、他の治療法とも併用ができるものです。

  • 医療機関でのみ取り扱われるサプリメントです
  • 医師の使用に耐えうる高品質原材料を使用しています
  • 抽出や濃縮の方法を工夫し、高単位で効率のよい摂取が可能です
  • 吸収率や相乗効果を考えて、天然物由来の混合体で作っています
  • 日本人の体質に合うよう、病態や年令に対応できるように研究・開発を行っております
  • 公益財団法人日本健康・栄養食品協会(平成4年厚生大臣認可)認定の『GMP工場』にて、原料の受け入れから最終製品の出荷に至るまで、厳重な管理基準の下、安全かつ高品質に製造されています

『GMP工場)』とは
GMPとは「Good Manufacturing Practice」の略で、薬事法に基づいて厚生労働大臣が定めた、医薬品等の製造及び品質管理基準です。

  • 最終完成品に表示されたすべての成分が均質に含有されていること
  • 常温で2年間品質の劣化がないこと


予約優先03-3350-8988

受付時間(ドアオープン 9:50・14:50 ※土曜日のみ14:20)

  • 平日/10:00~13:00・15:00~18:30
  • 土曜/10:00~13:00・14:30~17:00

休診

木曜・日曜日・祝日・各季節休暇

※その他、学会や出張などで休診となることがあります。

スムーズな診療のため、診療時間内にお電話でのご予約をお願いいたします。